監視カメラは、できるだけ人に見える位置に設置をするのが好ましいとされています。なぜなら、一般的に人は誰でも監視カメラがあると知っただけで悪いことをしようという気持ちが減るからです。万引き犯にしても、監視カメラの前で怪しい動きはしないものですし、ストーカーもカメラに映る可能性がある場所では変なことはしません。ですから、わざと人目につく場所に堂々と設置をするのが正しい方法だと言えるでしょう。犯罪は未然に防ぐのが一番いい方法に違いありません。お店のためにも本人のためにもなるからです。トラブルが起こってしまうと、警察に事情聴取をされている時間などがすべて無駄になります。トラブルは起こさないように、工夫をするのがセオリーです。カメラはそのための道具として使えますし、こうした目的のためであれば、ダミーカメラでも問題がないと言えます。

監視カメラの設置に関して

防犯対策としてお勧めなのは、監視カメラの設置です。確実に証拠を残し、犯人の痕跡、顔を知る素晴らしい防犯対策です。会社や自宅など、監視カメラはどこにでも設置可能です。犯人もカメラを恐れて、カメラがある所は狙わなくなる効果があります。ハリボテでも効果があるという話もありますので、防犯対策としては最適です。監視カメラを設置していることにより、安心感も生まれます。現在多くの犯罪はこれによって解決しています。日本では多くの所にこれが付いていて、多くの犯罪の未然防止と犯罪解明に繋がっています。それが日本が平和だと世界に誇れる一つの理由にもなっています。犯罪を未然防止するには、是非一家に一台、会社には何台つけても良いかもしれません。それにより、平和で安心な日々を送れます。今や世界に誇れる犯罪率が低いという理由はこのカメラにあると言っても過言ではありません。

監視カメラの設置によって、より安心できる世の中を

駅、コンビニ、街頭、飲食店、デパート、これらの場所は全て、毎日大勢の人に利用され、今や人々の生活から切り離すことのできない場所です。それと同時に、駅での痴漢行為、コンビニ強盗事件、街頭でのひったくり、飲食店での店員や客間の揉め事、デパートでの万引き行為、このような事件が日々我々の身の回りにおいて起こっているのは、軽視することができない事実です。また、これらの事件は突発的なものが多く、どこでどのような事件が起きるのか、予測がつかないことが殆どです。このような事件は、監視カメラの存在が犯行を遂行する抑制力となり、カメラの設置により事件発生を防ぐことができるはずです。よって、いつ何が起きるのか予測がつきにくい現在の世の中において監視カメラを設置することは、より人々が安心して過ごすために必要不可欠な措置ではないでしょうか。