スイスの腕時計メーカーオーデマピゲの魅力

オーデマピゲ(AUDEMARS PIGUET)は、スイスのジュラ山脈にあるル・ブラッシュで創業したスイスの老舗メーカーです。創業時から複雑時計の開発の分野において、確固たる地位を確立しています。新製品の開発にも力を入れており、スポーツウォッチなどを販売していて、ロイヤルオークは大変人気のある時計です。パテック・フィリップやヴァシュロン・コンスタンタンと並んで世界の3大時計ブランドと言われています。1875年創業し、家族による経営を続けている名門時計ブランドです。もともと時計師の家に生まれた天才技師であるジュール=ルイ・オーデマと、幼馴染みであるエドワール=オーギュスト・ピゲの二人が協力し、時計を制作したのが始まりで、その時計の美しさは芸術の域と言われています。

二人の天才が作り出した芸術的な時計

1881年、創業者である二人は作った時計に自分たちの名前を付け、ブランドを設立しオーデマピゲが誕生しました。19世紀頃、パーペチュアルカレンダーやミニッツリピーターなどの複雑なものを、懐中時計のムーブメントに導入しており、オーデマピゲももちろん、芸術的な複雑時計や、女性向けの宝飾された時計を数多く作っていました。1899年に販売したユニヴェルセルのモデルは、ミニッツリピーターやパーペチュアルカレンダーはもちろん、グランド&プチソヌリなどの複雑な機構を詰め込んだ革新的な懐中時計を発表します。創業者が引退した後、時代のニーズに合った小型化や薄型を追求していきます。1921年、厚さ1.32mmの懐中時計を世界で始めて開発しました。その後も腕時計の開発において可能性を大きく広げていきます。

世界中のセレブに人気のある定番モデル

オーデマピゲの定番モデルには、まずロイヤルオーク オフショアがあります。ラグジュアリーな雰囲気がするスポーツウォッチで、スポーティでタフに仕上げられています。重厚なケースによって力強い印象があり、ベゼルやプッシャーなどに黒のセラミックを採用しました。六角形ビスのシルバーが美しい輝きを表現している人気のあるアイテムです。ロイヤルオーク オフショアダイバーは、八角形のステンレス製のスチールケースに黒色のインナーベゼルを備えたダイバーズモデルです。黒のセラミックのねじ込み式のリューズには防水機能があり、美しい光沢を放つ黒のタペストリーの文字盤からはラグジュアリーや雰囲気や力強さがあります。シースルーバックの裏蓋からは、Cal.3120のムーブメントを見ることが可能です。ゴールドの美しさはもちろん、機能性にも非常に優れています。